スコアは

薬師 0-2 市大三高

 


スポンサーリンク


 

8回表薬師の攻撃

ランナーを2塁において打席には雷市!

 

状況的には市大三のバッテリーは無理して勝負しなくてもいい場面だが・・

今の天久なら抑えるだろうし、勝負をしたいだろうと考えたキャッチャー高見は勝負に行くことを監督に確認する。

 

田原監督は親指を立ててOKのサインを出す。

(私はグラウンドにいる君たちを信じる。)

 

このやり取りを見た轟監督は嬉しそう。

 

天久と雷市4度目の対決。

初球はカーブ!

雷市手が出ずにストライク。

 

高島
「ここでカーブ・・」

渡辺
「これは轟の頭にもなかったかも。」

 

市大三としてはストライクが取れたのも大きい。


スポンサーリンク


目線を上げさせた後は・・

2球目はアウトコース低めにストレート!

 

これはファール。

球速は今日最速の151キロを表示。 

市大三が真っ向勝負をしてくるので観客は沸く。

 

2ストライクと雷市は追い込まれた。

 

渡辺は

「これまでとまたリードが違う?」

と奥村に聞く。

 

奥村は

「ツーシームジャイロがありますから。

恐ろしく冷静ですよ、三高バッテリー。」

と答える。

 

これまでの3打席を全て布石にしているのだ。

 

3球目はインハイにつり球。

これを雷市はフルスウィングで捉えた!

打球はライト線へぐんぐん伸びる!

大きい!

ホームランかと思われたが僅かに逸れてファール。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク