アジアカップ準々決勝

日本 2-2 オーストラリア

前半終了間際の窪田のスーパーゴールが幻になったところでハーフタイム突入!

 


スポンサーリンク


 

ロッカールームでまず大声を上げたのは畑。

窪田の最後のシュートが日本の後半に希望を繋いだと言う。

 

窪田はゴール決まってないからと恥ずかしがる。

 

夏木がアレックを気遣ってそこまでにしとけと言う。

 

アレックが「あんなんファウルちゃうで。」

と悔しがると桐生が

決める時に決めないのが悪いとアレックに言う。

 

全体的にアレックのプレーは悪くなかったと岩淵。

セットプレーのピンチは高さでチームを助けたし、

ポストプレーでも何度かいい形を作った。

 

アレックも手ごたえを感じているようで

徐々に戦い方がわかってきたと話す。

 

攻撃面は通用することがわかったから後半は勝ち越せると八谷が立ち上がって言う。

しかしまた攻め込まれて失点しないようにしない・・

と言うとディフェンス陣がちょっと暗くなった。

 

前半出ていなかった秋森が立ち上がって


スポンサーリンク


「お前も散々中央割られていたのに無責任なことを言うな」

DFを庇う。

 

八谷は自分も含めて言っていたのにちょっと言葉が足りなかった・・

 

越後はゴール前の球際でやられたことを詫び、

しかしせっかく窪田たちが前半ラストに雰囲気を変えてくれたのに

わざわざ変な空気にせず、切り替えて後半に臨もうと話す。

 

そうは言ってもロッカーはピリピリした空気になってしまった。

 

城西が

「スコアをひっくり返されたわけじゃないからシャキッとしろ!」

と空気を変えようとするがうまくいかず・・

 

城西はロッカールームの隅で様子を見ているブランをチラッと見た。

全選手をロッカールームに集めた狙いは何なのかを考える。

それはおそらく

控えの選手たちにいい雰囲気を作らせて

戦い方をもう一度共有するため。

その判断は間違っていないだろうが

現状、攻撃と守備の間にテンションの差が生まれて少しぎくしゃくしてしまっている。

越後や星野といったベテランたちはW杯での屈辱をまだ引きずっているのが城西には分かる。

この試合の展開がすごく似ているのだ。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク