全国高校サッカー選手権大会準決勝

聖蹟 1-0 桜高

前半25分過ぎ

 


スポンサーリンク


 

自陣まで戻ってボールを持った成神に臼井が真っ向勝負を挑み・・

大方の予想を覆して臼井が成神のドリブルをカット!

 

臼井が勝つと信じて走っていた灰原にパス!

灰原のマークがずれている。

フリーだ!

 

有間がチェックに向かう。

灰原はすかさず前方の大柴にパス!

オフサイドはない。

聖蹟チャンス!

 

大柴には如月が行く!

 

絶対に取られたくない大柴は必死にキープ!

味方のサポートを待つ!

 

(取れる!)

 

如月がそう感じた瞬間、大柴は水樹にパス!

先制点と同じ様な形だ。

遠いが狙える範囲!

 

水樹は狙わずに中に切り込む!

しかしこれは犬童が許さない。

身体を入れて水樹の進行方向を塞ぐ。

さすがの水樹も犬童の強さに一瞬ぐらつく。

 

ボールがこぼれた。

これを君下がダイレクトパス!

狙いは灰原の先のつくし!

 

好調のつくし。

国母や来栖たちベンチも期待する。

 

しかし味方のフォローがない。

戻すしかないか。

 

灰原が

「柄本!行ったれ!!」


スポンサーリンク


の掛け声。

 

つくしのマークは芹沢!

 

1対1

勝負か!?

 

石動&浦
「まさか・・」

 

つくしが仕掛けた!
 
 
ファールを怖がって芹沢のあたりが弱い!

つくしが抜いた!

 

しかしちょっとタッチが大きい。

そこをすかさず鳥飼がクリア!

 

つくしに当てて出したの桜高ボール。

 

さすがにそこまでは上手くいかなかったと聖蹟ベンチはがっくり。

でもいい形だった!

 

つくしが座ったまま立てない!

足がつったか?

と大柴が心配して駆け寄るが・・

鳥飼のボールが当たった時に足がしびれただけ。

 

スタンドの解説陣にはちょっとした衝撃が走っていた。

あの柄本がドリブルで仕掛けた・・・

桜高はミスに救われた。

 

やはりつくしの先制点が効いている。

風間の不在を感じさせない。

 

臼井のディフェンスも凄かった。

君下も大柴もいい。

成神が入っても流れは完全に聖蹟。

 

鈴木は 追い波 と表現。

 

加藤
「成神ストップのインパクトと効果が大きいぃ」

 

桜高のダメージは意外と大きいか。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク