アジアカップ準々決勝

日本 2-2 オーストラリア

 

椿が大好きになったチームへの恩返しを誓いつつ、運命の後半戦がキックオフ!

 


スポンサーリンク


 

ETUのスタッフも

コータの家族も

和田元校長も

椿家もテレビの前で椿を応援する!

 

付け髭を外したままのリチャードの隣で観戦中の後藤。

後半も最初の主導権争いが鍵となると見ている。

前半の入りは日本が先手を取った。

そのイメージを思い出していい攻撃を作り出したいところ。

 

城島がアレックにループパス。

高さで負けないアレックはヘディングで椿に渡す。

 

椿がボールをとる瞬間にトーマスがスライディング!

こぼれたボールを日本が拾う。

 

椿は後半もトーマスが要注意だと感じる。

 

ボールは志村へ。

志村は花森へ長めのスルーパス。

 

いいパスだったのだが、これをマクレガーがカット!

足が長い!


スポンサーリンク


 

こぼれ球に八谷が駆け寄るが、勢い余ってオーストラリア選手に激突!

これはファールをとられた。

 

記者たちは

オーストラリアがタイトな守備で入ってきたと感想を言い合う。

流石に前半と同じ間違いを繰り返さない。

全体的にはオーストラリアのペースだっただけに自信をもってスタートしてきた。

 

オーストラリアのフリーキックはゴール前にあげてきた。

江田がヘディングでクリア!

しかしセカンドはオーストラリアに拾われた。

 

向こうの出だしがいいと、ブランの通訳が呟く。

 

オーストラリアは後半もSBはそのままにしてきた。

ブランはこれは当然だと言う。

相手の監督からしたらいじる理由もないから。

選手にためらいがない事がピッチの勢いに繋がっている。

 

ブラン
「けどね。

僕らだってハーフタイムにただのんびり過ごしていたわけじゃないからね。」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク