全国高校サッカー選手権大会準決勝

聖蹟 1-0 桜高

前半36分

 


スポンサーリンク


 

千手から桜高の軌跡を味聞いた石動は

奇跡のチームと言われる理由がわかったような気がすると言う。

しかしその中心人物である成神が臼井のマンマークが効いてまともに仕事が出来ていない。

聖蹟の成神封じは成功していると言わざるを得ないと石動は言う。

千手がニヤリと笑っただけで答えないので、

代わりに裏が

「どうかな?」

と言った。

中盤で鳥飼から成神にボールが渡った。

臼井が付いていて前を向けないのでワンタッチで戻す。

鳥飼はサイドへパスを出す。。

そしてすぐに低く速い球でゴール前へ。

桜高のチャンス!

しかしこれは新戸部がスライディングでクリア!!

危なかった。


スポンサーリンク


クリアされたボールを桜高が拾い、攻撃を続行!

成神と犬童がアイコンタクト。

ボールか成神に渡ると即座に犬童へ。

犬童は右サイドの亀山へ。

亀山のクロスを聖蹟は何とかクリア!!

聖蹟は攻められっぱなし。

水樹とつくしが両サイドの守備に回っているので仕方ない。

更にフィニッシャーであるはずの成神が下がって起点となっている。

そして何より聖蹟がここまで攻め込まれている最大の理由は

臼井がディフェンスラインをから剥がされてしまっていること。

本来の仕事が出来ていないのは臼井の方なのだ。

こうなると聖蹟は打つ手なしかと石動が呟く。

しかしここまではひげ監督の予想通り。

問題はここから何が出きるか。

もう10分以上聖蹟はセンターラインを越えていない。

このままではじり貧だと相庭が言う。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク