アジアカップ準々決勝

日本 2-2 オーストラリア

後半の序盤

 


スポンサーリンク


 

サリバンに

自分のことしか考えていない

と言われたコヴァルはサリバンの背中を突き飛ばす!

チームがうまく行っていないのをオレのせいにするなと言って。

 

サリバンは言い返さない。

 

そこにマクレガーが割って入る。

「戦争映画で仲間割れを起こした部隊が

破滅に向かう姿を見たことがないのか!?」

 

CB二人も入って来てサリバンとコヴァルの間に立つ。

 

しかしコヴァルは止まらない。

「いつも無口なくせに口を開けば文句ばっかり・・」

とつっかかる。

 

サリバンは

「いちいち口に出して伝えなければわからないことなのか?」

と応じる。

ユニフォームを着る重み、

オーストラリア代表 サッカルーズ が何を背負っているのか考えろと話す。

「イアン・・

お前には失望させられっぱなしだ。

俺もボスもな。」

 

コヴァルは悔しそう・・

 

椿は相手が内輪もめしている今こそ得点のチャンスだと考えている。

 

「なかなかガチッとハマらんな、あの二人は。」

ゴードン監督は言う。


スポンサーリンク


相性が悪いように見える二人だが、もともとコヴァルの能力を買っていたのはサリバンの方。

代表10番もサリバンがコヴァルに譲ったのだ。

 

過去にコヴァルがキャプテンマークを巻いたことがあったが・・

それもサリバンの進言があったから。

 

結局コヴァルがプレッシャーを感じすぎてまともにプレーできなかったのでそれ以降キャプテンを任せることはなかったが・・

サリバンはコヴァルにずっと期待していたのだ。

しかしその思いが空振りし続けて限界に達したのかもしれない。

 

若いコヴァルはもっとつなぐサッカーがしたいのだろうが、

そういう事ではなく、オーストラリア代表はスタイルなど関係なく勝たなくてはならない。

 

オーストラリアボールになっても日本は厳しくプレスに行き、髭のCBはたまらずキーパーに戻す。

 

リチャードは日本のプレスを褒める。

パスコースをきりながら相手を押し込んでいる。

 

戦い方を割り切ったオーストラリアは徹底して高さのない城島狙い。

ポジショニングの巧い城島だが競り負けた!

 

ここで城島は演技で転倒!

ファウルをもらう。

ナイス演技!

城島曰く、「長くやっていると戦い方の引き出しも増えてくる」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク