法兼 0-6 青道

2回裏青道の攻撃。

 


スポンサーリンク


 

1塁には四球を選んだ白州健二郎。

打席には4番・御幸!

 

カウント1-1から3球目

白州が走る!

バッテリーは予想していなかった!!

 

甘く入った球を御幸が叩いた!

打球は右中間を真っ二つ!

白州は一気にホームへ。

御幸のタイムリーツーベース。

 

ここでピッチャー卜部は交代。

背番号12の三浦がマウンドへ送られる。

 

青道の選手たちの表情に油断はない。

 

交代したのがエースナンバーじゃないのがちょっと気にかかるが・・

渡辺は、

最近調子よくて実質今のエースだろうと三村に話す。

 


スポンサーリンク


全く情報がなかった卜部を完璧に攻略した打線は本当に頼りになると三村が言うと・・

渡辺は頷き、

しかし自分がチームの力になれなかったことが悔やまれると言う。

 

卜部の情報はなかったが・・

渡辺は、三浦のことはよく調べてミーティングで伝えておいた。

 

” 球速は130前半。

コントロールはアバウト。

時折見せるタイミングを外すカーブが持ち味。

バッテリーの傾向としては、ランナーがいる時はほぼカーブを投げてこない・・ ”

 

その情報をもとに5番・前園がストレートを鬼の形相で狙い打ち!!

 

打球はセンターの右を抜けた!

御幸は悠々と帰り、前園は2塁で派手なガッツポーズを決める!

これで8点目。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク