全国高校サッカー選手権大会準決勝

聖蹟 1-0 桜高

前半38分

 


スポンサーリンク


 

猫谷が裏を狙う動きで臼井の注意を引き、

その一瞬の隙を見逃さなかった芹沢が成神にパス!!

 

成神がドリブルで上がる!!

カウンターだ!!

 

成神速い!

速いのに足からボールが離れないところが凄い!!

しかし臼井も速い!

成神に追いつく。

 

臼井がつま先でボールに触り・・

浮いたボールを成神が足で上げ・・

頭でそのまま運ぶ!!

落ちない!!

落とさない!!

スピードどを維持したままリフティングで運ぶ!!

 

加藤をして神業と言わしめる。

 

しかし臼井を振り切れない!

 

その間に芹沢が外を上がってきた!!

芹沢には灰原がついている。

中の猫谷は新戸部がマーク!

 

鈴木は余っている。

成神を臼井と挟み込むこともできるが、鈴木はいかない。

シュートコースを消すことの方が優先だと判断。

臼井なら絶対に止めてくれると信じているのだ。

 

臼井は下がりながら対応。

成神は徐々に間合いを詰める!!

 

相庭
「ペナルティエリアまでだ。」

保科
「そこで勝負が決まる。」

 

ペナルティエリア直前。

臼井が獲りに行く!!

成神は体を入れ替えて反転!

上手い!

抜いたか!?


スポンサーリンク


 

しかし臼井の足がボールに届いた!

成神「あっ」

 

ボールはゴールライン方向へ。

 

臼井が止めた!!

聖蹟ベンチは全員で万歳!

 

猫谷が諦めずにボールを追う!

猫谷速い!

間に合うか!?

 

新戸部が

「死神だろうと誰だろうと点はやらねえ!」

と叫びながら猫谷を追う!!

 

猫谷が 死神 と言う言葉に反応。

君らは本当の成神を知らないと、猫谷は心の中で呟く・・

 

成神と猫谷たちが1年の時。

桜木高校は都大会の決勝で2-4負けた。

雨の中、試合が終わって皆が着替え終わっても成神は一人呆然とグラウンドで立ちつくしていた。

 

猫谷が傘を差し出すと、成神は

「負けちゃったね。」

と一言。

 

猫谷が何もできなくてすまないと謝ると、成神は

「猫谷君はよくやったよ。」

と言ってほほ笑む。

気にせず、学校に返って練習しようと明るく言うのだった・・

 

そして現在。

猫谷はボールをラインぎりぎりで止めた!

寄せてきた新戸部をかわして成神へパス!

 

猫谷は誰よりも仲間思いの成神に報いたい一心でプレーする。

 

成神へのパスが通った!!

 

エリア内、再びボールを持った成神に臼井が対峙する。

 

観客はエゴイスト成神と心無い声をかける。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク