法兼 0-8 青道

4回表法兼の攻撃。

 

ツーアウトでランナー2塁。

相手は4番打者。

 


スポンサーリンク


 

点差はあるが沢村は追い詰められていた。

決めに行く低い球を全部強振されて大きな当たりのファールも打たれているから。

しかし覚悟は決めた。

 

御幸が要求するのは

相手をねじ伏せる強いボール。

 

沢村の握りはカットボール。

やや高めに浮いたが空振り三振!!

得点圏にランナーを許すも、3番4番を連続三振に取った。

気合いのこもったいいピッチングだった。

ベンチの降谷も小さくガッツポーズ。

 

ベンチに戻った沢村を仲間が讃える。


スポンサーリンク


監督は飛ばし過ぎだと叱るが、

「だが、今日はそれでいい。

最後までそれでいけ。」

と沢村の右肩に手を置く。

御幸も嬉しそうだ。

 

監督は選手たちを前に、早いイニングで終わらせろと檄を飛ばす。

選手たちはさらに気合が入った!

 

4回裏の攻撃はヒットとエラーでワンナウト1・2塁となった。

バッターボックスには6番東条。

1-0からの2球目、センターへタイムリーヒットを放つ。

1点追加。

 

続く金丸がフォアボールを選び満塁。

ここで代打由井!

 

この場面で使ってもらえて由井の闘志は燃え上がる!

持ち前の思い切りの良さが発揮できるか。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク