8月21日、甲子園準決勝。

横羽間 0-0 DL

1回表横羽間の攻撃

 


スポンサーリンク


 

2塁に北条を置いてバッターはショートの2番・志木。

眼帯をかけた左バッターだ。

バントの構えをとる。

 

楠がデータを整理する。

このバッターは4試合で犠打1つ。

右方向への進塁打が6つ。

 

何か仕掛けてくる雰囲気を読み取る楠。

現在ノーアウト。

犠打なら北条はオンラインの位置をとるはずだが、ラインよりやや後方(レフトより)に下がっている。

※オンラインとは2塁ランナーが3塁に最短で到達できるようにライン上にリードをとること。

つまり北条はホームを狙っていると考えられる。

 

バッターは軸足を決めているし、打撃に切り替える可能性大。

打撃なら右方向へのゴロか深めの外野フライ、

プッシュならセカンドの前

セーフティならサードの前を狙ってくるはず。

 

今日は雨で転がらない事を念頭に入れて

楠は初球外のスライダーでカウントをとるサインを出す。


スポンサーリンク


 

檜がセットポジションから投球動作に入ると。

志木はバットを引いた!

そしてもう一度バントに切り替える。

 

楠の注文通り、外へのスライダー。

志木は三塁線へ転がした!

セーフティだ!

いいコースに転がった。

サードの錦の態勢が崩れた!

 

北条は送球が乱れると判断。

偽投なしを確認して本塁を狙う!!

 

体勢を崩しながらも錦の送球は完璧!

1塁はアウト!

ボールはキャッチャーへ!

読みが外れた北条は慌てて三塁へ戻る!

 

北条は送球を邪魔するため

楠が投げるタイミングで三塁カバーに入った檜の構えるグローブとホームを結んだライン上を走る!

 

しかし楠はそんな事はお見通し。

檜の構えとは逆方向へ送球!

タイミング的には完璧にアウトだったのだが、

捕球からタッチへ行った際に檜のグローブからボールがこぼれ落ちた!

新品のグローブを使ったのがアダになった。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク