2ページ目

 

 

カフェのレジでカナタはバイト中。

今日もたくさんの女性客がカナタを見に来店している。

 


スポンサーリンク


 

時間が来てカナタは着替えて帰る。

仕事が終わって帰る時の

「おつかれさまー」

という挨拶がすごく好き。

 

イギリス育ちのカナタは雨の中でも傘はささない。

 

電車の座席に座ったカナタは目を閉じる。

すると左手はシフトレバーを動かす動きをする。

昨日芦ノ湖でのレースを終えたばかりなのに、

すでにカナタは真鶴の市街地コースを走り始めている。

 

 

緒方自動車ではカナタ、オガタ、奥山の3人がミーティングをしている。

まずオガタが自分のプランを話す。

 

86にターボをつけるというのは既定路線だが・・

思い切って車種を変えてスープラにしてはどうか提案する。


スポンサーリンク


スープラのミッションはすごくいいから奥山が足をやればかなりの戦闘力が期待できる。

 

これ以上ないくらいのドヤ顔で話す緒方。

しかしカナタは気が進まないと言う。

 

緒方はショックを受ける。

 

カナタは86にターボをつけた場合、馬力はどれくらいになるかと奥山に質問する。

 

ターボだから400でも500でもその気になれば出せるが・・

奥山は300前後のプランを考えていると言う。

 

カナタは思わず心の中で

(ブリリアント!!)

と叫んでしまう。

 

その時店先に重く低いエンジン音を轟かせてスープラが停まった。

 

感想

 

重量級のスープラはダウンヒルスペシャリストの系譜であるカナタに全然ふさわしくありません。

対し、プロジェクトDでヒルクライムを担当していた啓介の弟子なら十分に考えられます。

次回諸星瀬名がスープラから降りてくるのでしょうか。

 

 

 


スポンサーリンク