8月21日、甲子園準決勝。

横羽間 0-0 DL

2回表横羽間の攻撃。

 


スポンサーリンク


 

ツーアウトでバッターボックスには7番の梶原だが・・

バッターボックスの端に立って打つ気全くなし!

 

檜はストライクを3球投げてチェンジ。

 

ベンチに戻った檜は球数制限50球しかないのに

打つ気のない奴に3球投げるのはもったいないので、

野手とワンポイントで交代したいと申し出る。

 

監督は勝手にしろと言うので希望者でジャンケン。

マリオルイージ都築鷲中の四人でジャンケンした結果・・

鷲中の勝ち!

 

遊びじゃないぞとマリオが食って掛かるが

鷲中はリトル時代ノーノーを2回やっていると都築。

 

長野はこれを機に投げれる野手を一人作っておくのもありじゃないかと監督に提言する。

監督は鼻をほじりながら

「思たんならやったらええがな。」


スポンサーリンク


 

バッターボックスには5番・鷲中。

またしてもツーシームで内野ゴロに打ち取られる。

 

ファーストのランコーをしている狩野は

みんなしてツーシームに泳がされている現状を嘆く。

ギュッとやってドーンといけば打てるのに。

 

狩野は横羽間の野球の細かいところが気になっている。

内野手はイレギュラー防止にマメに前をならすし・・

外野はファウルでもしっかり一歩目のスタートを切る。

 

キャッチャーからピッチャーへの返球も

内野ゴロもバックアップは完璧。

内外野で逐一連絡を取り合って無駄な声は一つもない。

 

1回の攻撃を見たら荒々しい野球に思えたが

タイプ的にはDLと同じ超基本型。

 

狩野は暇だから細かいところまでよく見えるのだ。

プレーしていたらこれだけじっくり観察は出来ない。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク