全国高校サッカー選手権大会準決勝

聖蹟 1-1 桜高

後半の5分経過。

ここまで決定機は1回ずつ

 


スポンサーリンク


 

ここからはどちらが多くのチャンスを作れるかが鍵。

監督の采配が重要な局面だと観客たちが話し合う。

 

桜高は急がず後ろで回す。

聖蹟の守備に隙が無く、出しどころがない。

 

亀山には速瀬がついている。

亀山が動いてマークを外す!

 

芹沢が亀山にパスを出すが速瀬がカット!

ナイスだ!

こぼれ球を新戸部がクリア!

クリアした球は前線の大柴の所へ上がる。

大柴には5番有間がついているが大柴なら多分大丈夫・・

と思ったら如月がジャンプしてインターセプト!!

 

ここが桜高の変わっているところだと甲斐が気付いた。

前半大柴に如月がついていたのは

大柴起点にゲーゲンプレスを展開されるのを恐れてのことだと丸岡が解説。

しかし後半は有間が大柴をマンマークしている。


スポンサーリンク


 

全中MVPの如月太狼。

保科が東院中時代に如月のいる横浜第一に決勝で2-1で敗れた。

 

CBでMVPとは珍しいなと相庭が言うと、

保科は違うと言う。

東院の失点は2点とも如月。

如月の本当の怖さはその突破力だ。

 

如月がドリブルで上がる!

君下とつくし二人がかりで止めに行く!!

 

ハーフタイムで大塩監督は如月に攻撃に参加するように指示していた。

青くなったのは鳥飼。

後半20分くらいになってからにして欲しいとお願いするも却下。

 

「どうなっても知りませんよ。」

と如月はやる気満々。

太狼の狼は狼。

自由になったら食い荒らす!

 

鳥飼はボールを取られたらダッシュで戻ってくれと如月に頼む。

 

つくしはあっさりとかわされてしまった。

君下はファール覚悟で当たるが如月はビクともしない!!

速くて強い!

ゴールを目指して一直線!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク