8月21日、甲子園準決勝。

横羽間 0-0 DL

3回裏DLの攻撃。

現在ツーアウト。

 


スポンサーリンク


 

左バッターの都築だが、梶原の背中から曲がってくるカーブを起用に打ち返してツーベースヒット!

花本と共に仕掛ける気満々!

 

花本は右バッター。

インコース低めのカーブを見逃して3ボール1ストライクとなったが・・

甘いボールが一つも来ないことに舌を巻く。

まるで機械のような制球だ。

 

同学年の檜も頑張っているしここは先制点が欲しいところだが、

打順も二回り目だし上位打線へつなぐことを優先したい花本。

どこか穴はないかと内野を見渡すと・・

1塁の海部が大あくびをしている。

 

ムッサでかい穴あった・・

都築なら何を仕掛けても対応してくれる。

 

都築は花本へのここまでの4球で梶原の隙を見つけていた。

2塁からなら梶原の握りが丸見えなのだ。


スポンサーリンク


フォーク ストレート カーブ・・

全部握り通りだった。

球種がわかれば三盗も狙いやすいし、第二リードも取りやすい。

 

花本への第5球。

梶原の握りはフォーク。

牽制はない。

 

ワンバウンドしてキャッチャーの大庭がこぼしたら三塁を狙う心づもり。

花本が強襲か奇襲かはわからないが、何が来ても対応する自信はある。

 

梶原が構えて投球動作に入る直前、都築は1歩リードを大きく取った。

その足音を梶原は聞き逃さなかった。

 

ガッと一瞬で振り向きながら握りを変えて2塁へ牽制!

完全に裏をかかれた都築は反応が遅れてあえなくアウト。

 

ショートの隻眼・志木に都築は

最初の4球はわざと握りを見せたのかと聞く。

 

志木は

「布石でござる。

レベルの高い相手だから成立するプレーだ。」

と言い、都築にボールを渡してベンチへ戻る。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク