全国高校サッカー選手権大会準決勝

聖蹟 1-1 桜高

後半の5分経過。

 


スポンサーリンク


 

如月が桜高の攻撃の中心となった後半。

臼井もヒゲ監督から攻撃の中心となるように指示を受けていた。

 

その二人がセンター付近で対峙!

ボールは臼井がキープ!

 

如月は臼井に向かって気に入らない奴と言い放つ。

 

如月を抜くのは難しいと思われたが臼井はドリブルを選択!

大方の予想を覆し臼井は如月を引きずったまま進む!

 

臼井は無理はせず、一旦ストップして如月を剥がす。

周りがよく見えている。

 

中野
「うちとの試合でもやっていたな。」

加藤
「うーん。

いいねえ。

ボランチ臼井ぃ。」

 

臼井は手薄の右サイドの灰原へパス。


スポンサーリンク


 

甲斐
「桜高は如月・・

聖蹟は臼井を中心に攻めるのか。」

 

丸岡
「成神の守備はザルだからな。」

 

パスは通った。

空中戦では芹沢にやられていた灰原だが、地上戦では負けないとばかりにドリブルで芹沢をかわす!

 

本来守備の臼井がチャンスを演出したことにスタンドがどよめく。

スカウト二人は臼井は元々全てにおいてレベルが高いと話す。

 

笠原は

聖蹟を支えているのは間違いなく臼井だという。

「聖蹟の背骨」

と表現。

 

サイドで君下が持った。

チャンスだ!

 

猫谷がチェックに向かうが君下は前方の灰原へふわりと上げる優しいパス。

灰原はゴール前に詰めている臼井にクロスを上げる!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク