7月23日西東京大会準決勝

青道 0-0 創聖

 


スポンサーリンク


 

注目された降谷の立ち上がり。

その初球ストレートを1番バッターは外野まで運んだ。

センターフライでアウトにはなったが意表をつく攻撃だった。

 

2番バッターは内野ゴロに打ち取る。

しかし降谷のストレートに振り遅れていないことに御幸は嫌な感じを持つ。

 

続いて3番バッター

ストレートに絞っているのか。

相手の狙い球を知るために御幸は縦のスライダーを要求。

 

これも初球から振ってきた。

高めのストレートを2球続けたがピクリともしない。

チームとして何を狙っているのか読めない。

 

結局フォアボールを出してしまった。

創聖の小泉監督は

「ほら~」

と得意げ。

 

ツーアウトからのフォアボール・・


スポンサーリンク


降谷としてはよくあるパターン。

観戦に来ている先輩達も懐かしがる。

 

ベンチからは沢村が お約束! と茶化す。

 

御幸が降谷の元へ向かう。

1塁ランナーは気にせず4番の奈良に集中して行こうと話す。

右方向にも打てる危険なバッターだ。

 

御幸と奈良は東京代表で一緒にプレーしているが、

奈良は御幸を見ようともしない。

今は敵という事か。

 

ここで勢いづかせるわけにはいかない。

御幸は慎重にアウトコースのスライダーを要求。

 

外れてボール。

この球に奈良は深く踏み込んできた。

外のボールを狙っていたのか?

やはり狙いが読めない。

 

次はインコースを攻める。

窮屈なスイングでファール。

相当引き付けている。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク