8月21日、甲子園準決勝。

横羽間 0-0 DL

4回表横羽間の攻撃。

 


スポンサーリンク


 

楠のサインに首を振って3番・大庭に打たれた檜は反省している。

それでも自分に笑みを見せてくれる楠には頭が上がらない。

 

自分の力を過信していたわけではない。

横羽間の波は思っていたより大きいようだ。

 

4番ファースト海部のアナウンスが終わらないうちに

横羽間の応援席では海部の応援歌が響き渡る。

 

海が笑い波が躍る!

級友と進む大海原

いざゆけ我らが太平洋!!


スポンサーリンク


 


「捕鯨 第2ラウンドや。」

 

楠木の警戒は最大限。

DLの頭脳がフル回転する。

 

4回表0-0

ワンナウト二塁 大砲海部。

強打と思いがちだが横羽間は固定観念を食いものにしてくる。

奇策で来る可能性も十分ある。

初球大警戒。

 

一方の海部の頭には北条の転がした鉛筆で出た初球カーブしか頭にない。

 

楠の思考は続く。

右バッター対左投手。

大庭の足はそこそこ。

初球スチールもありえる。

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク