8月21日、甲子園準決勝。

横羽間 0-0 DL

4回表横羽間の攻撃。

 


スポンサーリンク


 

特大ホームランを放った海部はフィニッシュで足を滑らせてその場にひっくり返る。

北条と大庭はしてやったりの表情

横羽間応援席は全員でガッツポーズ

 

檜は呆然と球の行方を見上げ、

楠は唇をかむ。

 

2者続けてヤマを張られて打たれた。

サインが盗まれているか、檜のクセを握られたのかと楠は考え込む。

 

ベースを回ってホームに戻って来た大庭は楠の肩を叩いて話しかける。

「エンピツ転がしたんだ。

コロコロっとな。」


スポンサーリンク


 

そんな話をされても楠には信じられない。

夏の甲子園準決勝でそんなノリはありえないから。

 

考え込む楠を檜は不安そうに見る。

 

楠はタイムを取って内野をマウンドに集める。

2点くらいなら想定の範囲内だし十分追いつける点差だと話して皆をなごませようとする。

 

檜は楠がカーブのサインを出す時鼻がヒクヒクするから見破られたのだと冗談を言うと皆が笑った。

しかしかし楠だけは

「んなわけないやろ。」

と真剣に怒った。

冗談もわからないほど追い詰められているのだ。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク