川沿いから村内の農道を零花は快調に逃走中!

 


スポンサーリンク


 
 

零花トリックの種あかし。

零花はほほの内側をかみ切って血液と唾液を混ぜながら口の中にためた。

その血を手に取り白袴の股間のところに塗り付けて・・

梨田を呼び用意しておいた着替えをもらう。

※前もって今日は生理が来そうだと話しておいた

そして着替え終わったところでおなかが痛いとしゃがみ込み

腹痛が収まるまで汚れているほうの白装束を着て自分のふりをしておいてくれと梨田に頼んだのだった。

 

零花が川沿いに逃げるところは幸い誰にも見つからず、天照が最初に気づくまでに9分を要した。

 

大騒ぎになって祭りは中断。

洋二が部下たちに零花捜索を命令する。

同時に月夜見の姿を探すが見つからない。

 

天照は怒り、村人たちに零花を取り押さえるよう指示。

しかし郷一郎は昔の歌仙みたいだと言って笑う。

だから零花も歌仙のようにいつか理解してくれる日が来ると確信しているのだ。

皆で零花を連れ戻そうと嬉しそうに村人たちを鼓舞する。

昔を知っている村人たちも笑いながら零花捜索に動き出した。

 


スポンサーリンク


高台から様子を見ている窪は手下に何が起きたのか聞くが、手下も何かしらのトラブルというだけで詳細は把握できていない。

村人が何かを探してそこら中を歩いているから潜伏場所を動かないよう窪は手下に支持する。

 

農夫姿の哲雄も何が起きたのかわからずに戸惑っていた。

祭りはあと1時間続くはずだが・・

何かトラブル発生したようなので小沢にラインで連絡する。

 

小沢は傷口の包帯をほどきばんそうこうをべりッとはがす。

 

哲雄は麦わらを目深にかぶって人ごみに紛れる。

 
 

そして村人の会話から零花が逃げたことを知る。

逃げ切れることを祈りつつ、今は助けに行けないことを心の中で詫びる。

 

郷一郎の周囲の人間は平時よりわずかに減り、哲雄は気づかれないように郷一郎の様子をうかがっている。

 

郷一郎は自分は指示する必要があるから捜索には参加せず家で待機すると側近に伝えて歩き出した・・

 

〇感想

 

零花、鮮やかでした。

9分の時間を稼いで上々の滑り出しですが・・

次回ある人物が零花の前に立ちはだかります。

 

零花の事となると冷静さを失っていた哲雄ですが

腹を決めて、助けにいかず自分の計画実行を優先しました。

哲雄の本気度がうかがえます。


スポンサーリンク