零花は父が家族で戦おうといったことが信じられずもう一度小沢に確認する。

 


スポンサーリンク


 

小沢
「マジです。」

 

零花は意外過ぎる父の言葉に戸惑いながらもどうやって戦うのかと聞く。

 

小沢はその前に零花の状況を確認。

オガミメ修行をやっていると聞いてなんでそんなことをやっているのかと質問。

 

零花は祖父に関係を迫られたことは絶対に言えないと感じていた。

身内の恥。

あんな恥がばれたら家族ごと恥で死んでしまう・・

 

零花は母親に接触するために潜入したと説明。

小沢はそれなら母親が解放されてもしばらくオガミメとしていてくれるように話す。

来る前に経典を熟読してきたという小沢は

オガミメであれば儀式で霊の声を聞いたと言って教団員をアジテートできる。


スポンサーリンク


そうすれば半グレとの戦いに教団員を参加させることができるかもしれない。

 

零花もそれはいいアイデアと感じた。

あの祖父を破滅させられるならどんな手段もいとわない覚悟。

 

小沢は

零花から哲雄への伝言として

”わかった戦う!

ヨユーで奴らに圧勝して絶対家族でこの村を出る!」

を預かって哲雄のもとへ向かう。

 

小沢はラインで哲雄に

零花は元気だったことを報告し

お父さんに言われた通り家族で逃げる準備を進めておく

とつじつま合わせの零花の伝言を伝えた。

 

 

数時間前

志野は窪から村でのこをと電話で報告を受けていた。

鳥栖の金を狙っていることがバレていることもショックだったし

哲雄を確保できなかったことにも愕然とする。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク