ザ・ペニンシュラ真鶴でのファイナルラップ。

 


スポンサーリンク


 

 

現在の順位は

1位 ベッケンバウアー
2位 赤羽
3位 沢渡
4位 片桐カナタ
5位 石神
6位 諸星
7位 大石
8位 柳田
9位 前園

 

トンネルの暗闇の中

沢渡を抜いた赤羽がベッケンバウアーのスリップストリームから飛び出した!

沢渡も赤羽に続いてベッケンバウアーをかわす。

 

沢渡の狙いはフェラーリの後ろにできるエアポケットだった。

ストレートでは670馬力を誇るフェラーリにベッケンバウアーのケイマンではかなわない。

トンネル内にはフェラーリミュージックが響き渡る。

問答無用の力勝負は赤羽、そしてそれを利用した沢渡に軍配が上がった。

先頭グループの順位は

1位 赤羽
2位 沢渡
3位 ベッケンバウアー

となってトンネルを出た。

 

4位のカナタもトンネルを出た。

先頭グループは見えている。

彼らに追いつくことを自らと師の藤原拓海に誓う!

 

そのカナタのやや後方。

緩めの右カーブで諸星のスープラが石神のGT-3の左にノーズを押し込んだ!


スポンサーリンク


カーブの出口で石神が入った!

ついに諸星が石神を粉砕した瞬間だった。

 

外から行くのはもちろんカナタの真似。

2回か3回見ただけでものにしてしまうセンスに解説の秋山は驚く。

 

10位の坂本はトンネル内のストレート。

その坂本のテールには相葉のGT-Rがピタリとついている!

ずっと後方だと思っていた相葉が来たことに坂本が驚く。

坂本
(お前だけは意地でも行かせないぜ・・!!)

 

〇感想

 

なんと赤羽があっさりトップを取ってしまいました。

馬力があるとはいえそれだけでベッケンバウアーの前に行くことはできませんから大したものです。

沢渡の目論見はコース取りでベッケンバウアーをブロックして最終的に赤羽をかわしてトップに立つことでしょうが・・

ベッケンバウアー相手にそんなに簡単にはいかないでしょう。

初めて追う立場になったベッケンバウアーの本気の走りが楽しみです。

そこにカナタが加わってくれば・・

誰がトップでゴールするのか全く分かりません。

 

優秀な司令塔がついた相葉が強そうです。

坂本を抜けば10位。

もしかしたら7位くらいまで行くかも?


スポンサーリンク