8月21日、甲子園準決勝。

横羽間 5-4 DL

9回裏DLの攻撃。

引き続き1アウトランナー1.3塁

 


スポンサーリンク


 

1塁錦

3塁狩野

バッターボックスには楠

初球ラン&ヒットのことは狩野は知らない。

しかし狩野は長打は期待せずに自らホームを踏む方法を模索している。

 

セットポジションから梶原が投球動作に入る。

 

同時に錦がスタート!

 

予想外のことに大庭が顔をしかめる。

梶原に慌てた様子はない。

楠はゆったりとバックスウィング。

 

運命の一球!

 

錦の全力の走りを見て北条は痛そうにしていたのはフェイクだったのかと驚く。


スポンサーリンク


 

大庭
(慌てるな梶・・)

 

梶原はそのまま全力投球!

 

大庭は梶原の落ち着いた投球に凄みを感じる。

この場面で今日一番のボールが来た!

(お前が死んだらその心臓・・

俺が食べてやる。)

 

コースは楠の読み通りクロスファイヤー(内角直球)

楠はうまく肘をたたんで対応!

 

ネクストバッターズサークルの天津

阿比留やモアイ、

長野や藤巻

マリオ兄弟や花本らベンチの面々は祈るように見守る。

 

飛田たち応援組はスタンドから目いっぱい声を出す

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク