ザ・ペニンシュラ真鶴でのファイナルラップ。

前回は順位が動いた

 


スポンサーリンク


 

沢渡は赤羽が駆るフェラーリのパワーを利用して

ストレートで宿敵ベッケンバウアーの前に出ることに成功。

諸星もカナタのライン取りをまねして

どうしても抜けなかった石神の牙城を崩す。

 

トンネル内のストレートで相葉が10位の坂本の後ろにピタリとつく!

何かと絡むことが多いこの2台。

出場車両の中でもトップクラスのパワーは互角。

宿命の対決の行方は?

 

現在の順位は

1位 赤羽
2位 沢渡
3位 ベッケンバウアー
4位 片桐カナタ
5位 諸星
6位 石神
7位 大石
8位 柳田
9位 前園
10位 坂本
11位 相葉


 

先頭グループでは・・

パワーで有利な赤羽のフェラーリが2台を突き放す!

 


スポンサーリンク


カナタはトップグループを懸命に追いかける!

後ろの諸星はカナタからどんどん離される。

 

一人旅を始めた赤羽だが正念場はこの先の半島区間だと解説の秋山は言う。

区間タイムではベッケンバウアーや沢渡のほうが上。

もしも半島区間をトップのまま走り抜けたら赤羽の勝利は確定すると断言する。

 

しかしベッケンバウアーと沢渡はMFG最強の二人。

そんなことを許すはずがないと田中は言う。

 

先頭グループは

ペニンシュラの本丸と言える半島区間に突入!

 

続いてカナタも半島区間に突入する。

カナタはこの区間のレコードホルダーだ。

 

田中
「半島区間最速のドライバーが行くうーっ!!」

 

秋山は

半島区間を苦手としている赤羽がアタマを押さえている状況はカナタにとってチャンスだと話す。

 

いよいよ目が離せない状況になってきた!

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク