ザ・ペニンシュラ真鶴でのファイナルラップ。

前回は先頭に立った赤羽が沢渡とベッケンバウアーを引き離したが・・

半島区間に入って追いつかれてしまった。

 


スポンサーリンク


 

赤羽は悲壮感を漂わせて逃げるが

3位のベッケンバウアーは

沢渡が先に動くのを待っている。

 

現在の順位は

1位 赤羽
2位 沢渡
3位 ベッケンバウアー
4位 片桐カナタ
5位 諸星
6位 石神
7位 大石
8位 柳田
9位 前園
10位 坂本
11位 相葉


 

半島区間に入った先頭グループは間隔をピタリと詰めて走行。

実況田中は何かが起こりそうだと言っている。


スポンサーリンク


 

2位の沢渡はトップの赤羽を抜くタイミングを測る。

沢渡のアルピーヌA110がフェラーリ相手に勝っている点は軽いことぐらいだから・・

このアドバンテージを活かすためにダウンヒルでのブレーキング競争に勝負をかける!

 

宜宝磯料理のカーブで沢渡が赤羽に並んだ!

並走しながらアルピーヌの車体がフェラーリに接触!

 

ヒリつくような並走が続く!

 

沢渡は赤羽のことが嫌い。

女を片っ端から食い散らかすから。

美学を感じられない。

沢渡ののセブンティーンコンプレックスにはこだわりの美学があるのだ。

 

ついに沢渡が赤羽の前に出た。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク