8月21日、甲子園準決勝。

横羽間 5-4 DL

9回裏DLの攻撃。

 


スポンサーリンク


 

タッチアップでホームを狙った狩野。

キャッチャー大庭のミットをよけながらベースにタッチ・・

 

しかしベースタッチ出来なかった!?

いや、かすった?

半信半疑のまま

狩野は這い戻ってベースにタッチしようとする。

 

DLベンチの前をクロアゲハが舞い、

監督や選手たちは祈るように狩野を見守る。

 

狩野を大庭がベース前で待ち構える!

 

狩野
(頼む・・・

見逃してくれ・・・)

 

心の声が口から漏れる


スポンサーリンク


「見逃して・・・」

 

狩野の目には涙が溜まっている。

その様子を見ている審判もつらそうな表情・・

 

狩野が飛び込んでベースに手を伸ばす!

大庭は涙をこらえ、唇を結んでその手にタッチ。

狩野の手がベースに届かない。

 

大庭のミットに抑えられながらも狩野の手は震えながらベースに向かおうとする。

あまりに往生際の悪い、そして切ないその姿に審判も泣き顔になりながら

右手の親指を立ててアウトを宣言する。

 

狩野は起き上がって審判に食って掛かる。

「なんでやねん!

ベースに触ってたやろ!!」

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク