8月21日、甲子園準決勝は横羽間の勝利で終わり、

DLの選手たちは泣きながら甲子園の土を集める。

 


スポンサーリンク


 

たくさんのカメラがその様子を撮影している。

カメラマンたちは地面すれすれから選手の表情を狙う。

敗れてなお屈辱。

 

しかし狩野だけは土を集めずに立っている。

藤巻監督は来年必ず帰ってくるからという思いからかと聞く。

 

答えずに涙をぬぐっている狩野に対し

自分のせいで負けたと考えているとすればそれはうぬぼれだと監督は話す。

野球はコンマの勝負。

あと一歩のところで負けてしまった経験はは新チームで活かせばいい。

春夏2回チャンスがあるのだから主将の苦い経験は強みになるはず。

 


スポンサーリンク


藤巻はそこまで話してある思いがよぎる。

そして聞いてみた。

 

「悔しさだけか?

涙の理由は。」

 

狩野無反応・・

 

藤巻は自分の経験を話す。

去年出場辞退が決まった時に

悔しさと共に

戦いから抜けられてホッとした気持ちもあったと言う。

それを周りに悟られるのが嫌で泣きじゃくったと。

 

狩野は一緒にしないでくれと言うが、藤巻は構わず続ける。

その矛盾が生まれた理由は

藤巻
「単純に志が・・」

 

ここで狩野は切れて

「もうええって!!」

と怒鳴る。

 

藤巻は驚いてたじろぎ、

狩野はガッと土をつかんでじゃりじゃりと食べた!!

藤巻が吐き出さそうとするも食べ続ける・・

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク