最後の一人の部下も失い一人なった窪は天を仰ぎ、

もう誰にもカッコつけなくてよくなった状況にニヤリとする。

(面白ぇ~~~~~)

 


スポンサーリンク


 

窪は追ってくる敵を倒しては銃を奪っている。

 

洋二の部下たちはあと一人まで追い詰めたと洋二に報告する。

 

洋二は窪の不敵な顔を思い浮かべる。

 

パンパン

 

銃声が2発聞こえ、洋二の部下が撃たれた。

 

今までは逃げる一方だったのに急に撃ち返してきたことに洋二は驚く。

しかしただ追い詰められて自暴自棄になっただけだろうと考え、追跡を続行!

 

部下たちに3人ずつのグループを形成して迂回先回りして窪を囲むように指示を出す。

 

山を疾走する窪の足が速い!

手下がいなくなってスピードアップしている。

洋二は部下たちが先回りできるのか不安になる。

 

パンパン

 

再び銃声が2発。

倒れた洋二の手下は胸に2発撃たれて死亡。

100人以上いる自分たちに対して2発ずつはずいぶん贅沢だと感じる洋二。

弾をたくさん持っているのか?

 

パンパン

 

また洋二の部下が撃たれた。

ここで洋二が気付く。


スポンサーリンク


殺して銃を奪っているのだ。

 

洋二は部下たちに銃を持っている者が撃たれたら必ず銃を拾って確保するように指示。

 

しかし今度は銃を拾おうとした村人信者が撃たれた。

これで窪が洋二の部下を狙っているのではなく銃を持った人間を狙っていることが確定。

洋二は銃を拾うときは体勢を低くするように言う。

 

洋二の部下がバラバラになった銃を発見。

まだ先端が熱い。

窪は弾切れになった銃を洋二たちに使われないようバラバラにして捨てている。

 

それからも洋二の部下たちは撃たれ、銃を奪われる・・

 

追跡は続き、窪の移動速度は相変わらず。

 

ここまで窪の銃撃は25発で村人の死者は11人。

窪の発砲が止む。

 

またバラバラの銃が見つかり、これで三丁。

25発で三丁分解、以後発砲が止んだ。

洋二は窪の弾が切れたと判断。

迂回組が窪の先に回り込むことに成功した時点で一斉射撃開始!

 

しかし仕留めたかどうか確認できない。

むやみに撃つことはやめ、包囲を狭めて窪の姿を確認してから撃つように洋二は指示する。

 

その時暗闇から窪が現れた!

村人たちは発砲するが窪には当たらない。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク