–長期入院編 第10話(11巻収録・TRACK32)あらすじ

七村さん一家が廊下で話している。

西山さんのことを聞いて七村パパもショックを受けている。

「なんか・・・つらいな・・」

 


スポンサーリンク


 

子供が元気に生まれてくるのは当たり前な事じゃない・・・

 

ママ、ママとまとわりついて来る二人の子供にママは改めて

「アリサ、コウちゃん、ありがとう。」

二人はにっこり笑って

「どーいたしまして!」

またママに抱きつく二人。

サクラはいきつけのピアノバー、Barronに来ていた。

暗い顔をしているサクラに、マスターが何かあったのかと聞く。

サクラは西山さんの一件を話す。

「医師も人ですから、全ての命を幸せにできるはずはないんですけどね。」

マスターは、サクラは大人になってつまんないこと言うようになったな、という。

 

若い頃は

「すべての赤ちゃんとその母親を救うんです。」

と言っていた。

聞いている方が恥ずかしくなるようなキラキラした目で。

 

産科医のコトを何もわかっていなかったというサクラ。

マスター
「でも音楽には夢だの希望だのってのは大切だろ?

産科医は違うのか?」

自分の手をしばらく見ていたサクラ。

ぐっと手を握ると店のピアノを弾き始める。

アリサ・ロークに渡す曲が浮かんだ・・・のか?

とうとう七村さんが退院の日を迎えた。

明日で36週。

赤ちゃんも2500グラムを超えて、もういつ生まれても大きな心配はない。

しかし七村さんは生まれるまで入院していたいと言い出す。

吉野さんの出血も見たし、

西山さんのこともあったので、不安になってしまったのだ。

だがそれは難しい。

36週になるなる七村さんはもう治療の必要がない。

ということは病気ではない。


スポンサーリンク


つまり健康保険が適用されず、高額な入院費用がかかってくる。

 

仕方なく夫と一緒に退院の準備を進める七村さん。

すると七村さんがお腹を押さえ始めた。

陣痛が来た!

小松が診ると・・

お腹も張ってるしおしるし(出血)もあるからこのままお産になりそう。

分娩室へ移動。

もうこの部屋に戻て来ないとなると、七村さんの胸に色々な思いがこみ上げる。

テレビにアリサ・ロークが出ている。

新曲に関するインタビューを受けている。

曲名は「For tomorrow」。

日本のベイビーに頼んで書いてもらった。

 

ピアニストが弾く曲をバックに、

曲と一緒にベイビーが送って来たというメールをアリサ読む。

 

” もしもこの曲を聴いてくれた人の隣に小さな命があるなら

そのキセキをそっと抱きしめてほしいです。

もしも小さな命を失ってしまった人ならば

抱きしめたそのキセキの温かさを

ずっと覚えていてほしいです。

その小さな命の温もりが

明日に繋がると

僕は信じています。 ”

半年たって、西山さんから七村さんの元にプリンが届いた。

ラベルは ”AKARIのぷりん ”

七村さんが花と手紙を送ったお返しとして送られてきたもの。

手紙が添えられていて、

手紙と花をもらったお礼と、

アカリの思い出の前でまだ毎日泣いていると書いてある。

 

七村さんの赤ちゃんは家族みんなに囲まれて幸せそう・・

–長期入院編 おしまい

〇感想

西山さんはつらいだろうけど乗り越えて欲しい。

でないと次のお産に望めないのでは。

時間が必要でしょうけど・・・

 

七村さんのお産が何事もなく済んだのは救いでした。

ママ入院中は修羅場と化していた家の中が

キチンと片付いてみんなが幸せそうで、やっぱりママは偉大ですね。


スポンサーリンク