第32節

現在4位の磐田と3位のETUの試合は序盤

 


スポンサーリンク


磐田にフルコートマンツーマンという奇策で来られてETUの選手たちは浮足立ってしまう。

ずっと自陣でボールを回していて危なっかしいとサポーターたちも苛立つ。

 

記者席では藤澤が山井に

達海はこのフルコートマンツーを予想していなかったのだろうかと質問。

 

山井は

ある程度予想はしていたかもしれないが

シーズン終盤のタイトルレースでここまで振り切って来るとは思わなかっただろうと答える。

 

更にメンバー表で4バックに見せかけていたから騙されるのも無理はない。

 

山井がフルコートマンツーについて解説する。

1人が剥がされると次々にマークがずれるからリスクのある戦術とされていたが

最近はヨーロッパで復権しつつある。

実際ETUの選手たちの動揺を見ると効果的であることは明らか。

 

ETUは現状を打開するためにビルドアップに転じようとするが、

パスカットされて一転ピンチ!


スポンサーリンク


 

シュートを撃たれるが湯沢が飛びついてセーブ!

 

杉江は

湯沢のところで数的優位は作れるのだから落ち着いてボールをつないでいこうと仲間に声をかける。

 

相手が蹴りそこなってくれたので助かったが

序盤で2本目のシュートを撃たれた。

山井は耐えて打開策を探るしかないと呟く。

 

藤澤は開幕戦のETU対磐田戦を思い出すと恥ずかしくて身も縮む思いになる。

ETUがぼろ負けした試合後の記者会見で達海に向かって

ファンの思いを裏切ったと批判してしまったのだ。

 

その地獄の思い出と共に思い出されるのは

ラッキーな先制ゴールがあったとはいえ

試合中は磐田が終始ETUを圧倒したという事実。

 

達海と倉茂はどちらも相手を出し抜くことを得意とする監督だが

倉茂は若い達海には負けるわけにはいかないという意気込みを持っていると、藤澤は感じる。

 

達海はベンチから険しい表情でピッチをじっと見つめる。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク