8月22日 DL球場

DLとの日難学園の練習試合

DL 5-4 日難

9回裏日難の攻撃。

 


スポンサーリンク


 

マウンド上はマックス128キロの不二井。

キャッチャー丸井が低めの球をパスボール!

 

ヒット バント フォアボール

そして今のパスボールでワンナウト1・3塁。

わかりやすいピンチのレシピだとベンチの檜に言われてしまう。

 

内野が不二井の周りに集まる。

ここでパスボールはないと仲間に言われ謝る丸井。

 

ダブルプレーなら終わるが、シングルでも打たれれば同点で毛利に回ってしまう。

 

ピンチを招いた張本人の丸井は恐縮しながらも

秋季大会に向けてここはまだ投げてない阿比留に代えたほうが・・

と言い出すと南が怒った。

 

不二井も秋に向けて一生懸命投げているし

勝ち負けに執着するなと言った本人が勝ちにしがみついているのは見苦しいと言って南は守備位置に戻ってしまう。


スポンサーリンク


 

沈黙の後、不二井は自らマウンドを降りる。

まだ投げたかったがチームとしてここは勝ちに行くべきだと判断したのだ。

 

グローブを左手に装着しベンチを立つ阿比留。

偉そうなことを言ってきた分、ここを片付けて示しをつけると意気込む。

 

丸井からボールを受け取った阿比留は

最後の一年はストレートが課題だから全球ストレートでいくと宣言する。

変化球だと丸井が取れないという心配もあるのだろうが

「責任は全部俺がとる」

と頼もしい。

 

自分のふがいなさに丸井は唇をかむ。

 

阿比留は内野陣にも

この局面をミッションととらえて手柄を上げろと声をかける。

阿比留がマウンドに上がったことでチームの雰囲気ががらりと変わった!

 

ベンチの都築も

「いい出汁出てる」

と呟く。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク