第32節

現在4位の磐田と3位のETUの試合は後半

磐田 1-3 ETU

 


スポンサーリンク


 

左サイドの清川がゴール前に詰めている椿にクロスを上げる!

いいボールだ!

 

椿は右足をドンピシャで合わせて決めた!

リーグ屈指のキーパーの顔が絶望にゆがむ。

倉茂監督の顔から血の気が引いた。

 

これで

何と椿ハットトリック達成!

サポーターたちは総立ちで大興奮!

磐田 1-4 ETU

 

若いサポーターも両手を上げて歓喜している様子を見て

ゴローはかつて自分たちが達海の背番号7に夢を見たように

今の若い連中には椿の背番号7が輝いているのだろうと感動する。

 

仲間たちが椿のもとに集まって来た。

椿のシュートだけでなく、清川のクロスも今季のベストだと言って賞賛する。

調子に乗る清川。

そして夏木は「ハットトリックいいなー!」

としきりに羨ましがる。

 

しかし当の椿は顔色がすぐれない。

あまりに出来過ぎて怖くなってきたのだと言う・・

 

途中から入った殿山は前半ベンチで見ていた時から

椿のゴールへの意識が高くなっているのがわかったと言う。


スポンサーリンク


 

しかし赤崎はゴールへの意識だけではないと見ていた。

ストッフ相手にハットトリックを決めるなどはただ事ではない。

アジアカップでの経験を経て色んな事が吹っ切れて進むべき道を見定めたのだろうと。

自分もA代表に呼ばれるくらいにならないとどんどん差をつけられてしまうと焦りを感じる。

 

記者席の藤澤は茫然自失状態。

記者山井に声をかけて我に返る。

 

山井も藤澤の気持ちはわかると言う。

椿が2点取っただけでも出来すぎだと思ったのに

ハットトリックまで決められるとポカーンとなってしまう。

 

もう一人の記者は今日の活躍が椿を物語っていると話す。

代表に選ばれたのも

アジアカップで活躍し、その後の退場も

いつも見ている者の想像を超えてくる。

椿が日本のスターになる気さえしてくると言うのだ。

 

椿が国民的スター・・

そう考えるだけで藤澤は衝撃で真っ白になってしまう・・

 

椿にはまだ代理人がついていない。

記者はここまで活躍したら早くちゃんとした人と組んだ方がいいと話す。

 

 

 

次ページへ
 
 


スポンサーリンク