–産科医・下屋編 第2話(12巻収録・転科)あらすじ

引き続きふじ産婦人科。

朝になり、下屋は神谷さんの病室を訪れる。

神谷さん、昨夜は入院して初めてよく眠れたとうれしそう。

そこに電話が入り、院長が来たので下屋の当直は終わり。

 


スポンサーリンク


 

下屋は神谷さんにお別れの挨拶をする。

「じゃあ神谷さん、入院つらいと思うけど頑張ってね。。」

神谷さん、笑顔で

「頑張ります、下屋先生。

ゴールは必ずありますもんね。」

下屋は院長に引き継ぎの報告。

・神谷さんと話していて、少し気になることがあった。

・落ち着きがなく、動悸や頻脈がある。
切迫の治療をしていればよくある症状なのだが・・・

そのとき甲状腺に問題がある可能性が頭をよぎった。

その件を院長に伝えると、院長は今日は土曜日だから、週明けにでも検査をしてみると答える。

3日後。

ペルソナの休憩室で小松とサクラとゴローと下屋で話している。

ふじ産婦人科での当直の事が話題になり・・

下屋は
「ちょっと気になったことが・・・」

と、神谷さんのことを思い出す。

しかしその場は
「ううん、なんでもない。
そういう勘てさ・・
ほとんどハズレるんだから・・・」

と流して終わりにしてしまう。

その頃、ふじ産婦人科では・・

神谷さんが突然苦しみだした。

すごい頻脈!

肺に水が溜まっているかもしれない!

子宮収縮抑制剤を止めてタンミで維持する。

神谷さんは苦しそうにゼーゼー言っている。


スポンサーリンク


ペルソナに連絡が入り・・

電話を受けた四宮がサクラに状況を説明する。

・肺水腫で呼吸状態の悪い妊婦が救急に運ばれてくる。

・血圧も上が180あるから、妊婦高血圧症候群もあるかもしれない。

・25週の妊婦で、5日前から切迫で、子宮収縮抑制剤使ってたらしい。
多分、それで重度の副作用が出た。

・ふじ産婦人科からくる。

隣できいていた下屋が神谷さんを思い浮かべる。

(まさか・・・)

 

救急車を待ち受ける下屋とサクラ。

そこに救命の加瀬も来た。

救急車が到着して中を見ると・・

救急隊員がひっしで心臓マッサージをしている!

救急車内で心停止!

下屋
(神谷さん・・なんで・・・)

心肺蘇生法開始して2分経過!

加瀬が代わる。

そしてサクラと下屋は先にオペの準備!

サクラ
「走れ下屋!

カイザースタンバイだ!」

オペ室ではサクラと下屋がオペの準備を急ぐ。

神谷さんがオペ室に運ばれてきた。

オペ台に移す。

心臓マッサージを続けている加瀬。

肺水腫と妊娠高血圧症候群とは思えない。

「甲状腺クリーゼじゃねえのかよ!?」

–産科医・下屋編 2話 ここまで

3話に続く

〇感想

甲状腺の異常は下屋が気になっていたことでした。

ちなみに甲状腺クリーゼを調べてみると、

「甲状腺ホルモンが過剰に作用し、複数の臓器が機能不全に陥り生命の危機に直面するため、緊急治療が必要になります」

とありました。

下屋の違和感の原因は甲状腺ホルモンの過剰分泌だったのですね。


スポンサーリンク