足を閉じてぶるぶる震えながら小便を我慢するキヨシ。

千代ちゃんがここで2リットルのペットボトルを半分に切ったものを差し出す。


「早くそれにオシッコをしろよ。」

聞いていなかったので、話が全く見えないキヨシ。

大きな声を出してごまかす。
「2人がみてる前でオシッコなんかできるわけないでしょう!?」

 


スポンサーリンク


 

また話を聞いてなかったなと、花が怒鳴る。

花は、あの時の看守室の再現をしろと言ってるのだった。

千代が、話だけではよく分からないから。

ちょっとほっとしたキヨシ。

キヨシは再現を試みる。

腰に左手を添えて、右手でペットボトルを股間に・・・

ここでキヨシ、まずい事態に!

股間にペットボトルを当てたとたん、尿意がさらに高まってしまった。

感覚がペットボトルをトイレと錯覚したらしい。

ここでキヨシの思考はあらぬ方向へ。

ペットボトルに限らず・・

考えてみればこの世のものは全てトイレ。

トイレそのものがトイレ度100%として、

ペットボトルは70%

樽は65%

茂みに至っては90%!ほぼトイレ。

ならば・・・

と、キヨシが取った行動は、

”豪雨に打たれる”

豪雨は99%トイレ!!

これでやっと誰にもバレずにオシッコができる。

しかし!!

発射寸前でキヨシは気づく。

そう、湯気だ。

これだけ気温が下がっている中でおしっこをしようものなら・・

湯気が立ってしまう!!


スポンサーリンク


する前でよかった・・

いや、安心している場合ではない。

こうしている間にも尿意は刻一刻と悪化している。

このままでは1分持たない。

リサとアンドレはデート中。

デパートのフードコートでアイスを食べている。

ドキドキしている二人。

しばしの沈黙ののち、アンドレが口を開く。

「あの・・・アイスも食べたし、そろそろ帰りますか・・・?」

リサはショック!

私といてもつまらない?と聞くと、

アンドレは

違います、リサさんといるのはすごく楽しいです!と一生懸命にはなす。

ただ、こう言う事になれていないから、どうしていいかわからない。

するとリサが、「じゃあ、行くか・・」という。

どこへ?

リサは真っ赤になりながら
「こういう時行く場所は・・一つしかないだろう・・」

アンドレの鼓動が高鳴る。

「はい、行きましょう。」

雨に打たれているキヨシ。

豪雨に打たれての排尿がダメになった今、こうしていても仕方がない。

キヨシ君カラダ冷えちゃうよ、と言う千代ちゃんの言葉もあって、テントに戻ろうとキヨシが歩き出したその時!

石につまづいてしまった!!

大きくバランスを崩すキヨシ!

——271話ここまで。

監獄学園 プリズンスクール 272話に続く

〇感想

もう限界寸前だったキヨシ。

仮に転倒を免れたとしても、踏ん張った衝撃でもはや排尿を堪えることはできないでしょう。

大好きな女の子の前で漏らしてしまうのか!?


スポンサーリンク